将棋勉強日誌

2011年6月から将棋を始めました。このブログでは勉強日誌を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月第4週(7月22日~28日)

【今週の感想・反省】
 今週は勉強が少なめでした。

①定跡書

②次の一手

③詰将棋
07/23・『新版3手詰ハンドブック』100問
07/24・『新版3手詰ハンドブック』20問
07/26・『新版3手詰ハンドブック』20問
07/27・『新版3手詰ハンドブック』20問

④必至
07/23『寄せが見える本【基礎編】』1問

⑤棋譜並べ

⑥観戦

⑦対局と感想
・4局3勝1敗
…1局目●:後手番矢倉。▲4六銀△3七桂型との戦いで、先手に7筋から攻めてこられて、よくわからない形勢に。数の攻めで寄せていこうとするも、と金攻めが早く、豊富な持ち駒で並べ詰みとなりました。
…2局目○:後手四間飛車に、急戦棒銀で戦いました。序盤の攻防で、上手く飛車を詰ますことができ、橋からの反撃を受けるも、その手を利用して桂馬を跳ねて、上手く詰ますことができました。久しぶりの勝ちでした。
…3局目○:後手角交換型ゴキゲン中飛車に銀冠に囲って戦いました。陣形のスキに角を打たれ、馬をつくられてしまいそうだったので、角銀交換の駒損をしても無理に後手の陣形を乱すことに。陣形は乱せたものの、やはり攻めが続かず、飛車が詰まされそうだったので動かしたら、銀がタダで取られて、形勢がものすごく悪くなりました。このままでは、銀冠もすぐに崩されると思ったので、単純な殴り合いにいきました。先に飛車を打ち込まれ、万事休すかと思いながら、攻めを遅らせようとこちらも飛車を王手で打ち込んだところ、相手の方、うっかりで王手放置。大逆転となりました。
…4局目○:先手番矢倉模様から、後手が右四間→四間と飛車を振る展開。5筋から積極的に動いていくことにし、中飛車に振っての棒金という訳の分からない攻めに出ました。狙いを咎められ、形勢が悪くなったかなと思いましたが、上手く角を打って金の両取りの筋があり、そのまま後手玉を打ち取ることができました。

⑫その他

週計【通算】
・棋書読み【1764ペ】
・次の一手【250問】
・1手詰【9388問】
・3手詰160問【9096問】
・5手詰【11621問】
・必至1問【84問】
・棋譜並べ【183局】
・観戦【65局】
・対局4局3勝1敗【167局89勝78敗】
スポンサーサイト

7月第3週(7月15日~21日)

【今週の感想・反省】
 先週は、友人と、将棋大会に参加してきました。
 ともにC級で、2勝抜け、2敗失格のリーグ戦でした。

 1局目、相手の方が歩3枚で振り駒したのですが、と金が3枚でたので私が先手だと思っていたら、相手の方が初手を指し、よく分からずじまいでそのまま後手として指しました。
 戦型は矢倉。じっくり駒組みしての矢倉戦はあんまりよく分かっていないので、あっさりひねられて終了しました。

 2局目は、横歩取りの後手番。相横歩取りとなり、激しい将棋になりました。序盤早々に王手飛車がかかり、こちらがよくなったと思ったのですが、中盤ほどでお互い秒読みになったところで私の緩手を突いて反撃されて、逆転負けとなりました。

 友人も得意な戦法で戦わせてもらえなかったようで2敗で失格。
 対局で仲良くなった方と3人でお弁当を食べて帰りました。

 これで、公式戦通算1勝5敗。
 最近、1段階レベルアップしたかなと手ごたえを感じていたのですが、そう簡単にはうまくいきませんね。
 また初心にかえって、勉強していきたいと思います。

①定跡書
・『矢倉の急所 4六銀・3七桂型』第1章 攻撃術Ⅰ─基本講義 32ペ
                 第2章 反撃術 ─基本講義 36ペ
・『羽生の頭脳(9)激戦!横歩取り』第1章 横歩取り△2三歩 ▲3二飛成 39ペ
                               ▲3六飛  11ペ

②次の一手

③詰将棋
07/18・『1・3・5手実戦型詰将棋』3手21問、5手8問
07/19・『1・3・5手実戦型詰将棋』3手5問、5手10問
07/20・『新版5手詰ハンドブック』200問(12周目終了)
07/20・『1・3・5手実戦型詰将棋』3手2問、5手10問

④必至
07/18『寄せが見える本【基礎編】』1問
07/19『寄せが見える本【基礎編】』1問
07/20『寄せが見える本【基礎編】』1問

⑤棋譜並べ

⑥観戦

⑦対局と感想
・9局3勝6敗
…1局目●:後手番矢倉。
…2局目●:後手番横歩取り。
…3局目○:先手番角換わり腰掛け銀。
…4局目○:後手四間飛車に急戦棒銀で戦いました。
…5局目●:後手番矢倉。先手からの急戦棒銀を一度は退けたのですが、また突っ込まれて角銀を交換。それからは上手く馬を作られて、じわじわと迫られて詰み。
…6局目○:後手四間飛車に急戦棒銀で戦いました。
…7局目●:先手番で、△2三歩型横歩取り。定跡にはない歩の突き捨てが入った形で、棒銀端攻めで突破され、時間切れ負けとなりました。一方的にボコボコにされてしまいました。
…8局目●:先手番矢倉。後手米長流急戦に近い戦型。相手の方には過去ずいぶんと負けており、勉強の成果をと思っていましたが、やっぱり相手の思い通りに指されて、時間切れ負けとなりました。
…9局目●:先手四間飛車穴熊に急戦棒銀で戦いました。序盤で飛車角銀の大さばきをくらって、形勢は先手。途中からはただ手数をかせぐだけの将棋になってしまいました。

⑫その他

週計【通算】
・棋書読み118ペ【1764ペ】
・次の一手【250問】
・1手詰【9388問】
・3手詰228問【8936問】
・5手詰28問【11621問】
・必至3問【83問】
・棋譜並べ【183局】
・観戦【65局】
・対局9局3勝6敗【163局86勝77敗】

7月第2週(7月8日~14日)

【今週の感想・反省】
 今週は、将棋大会に出場するために定跡書を読むことを中心に勉強を進めました。
 居飛車党として、簡単な序盤の駒組みを知るために、『将棋基本戦法 居飛車編』。
 先手三間飛車に対して、2手目△8四歩からの居飛車穴熊戦法を知るために、『羽生の頭脳(4)居飛車穴熊と左美濃』。
 普段はまったく指さないので、興味が出てきたのと、先手番で後手に誘導されたときにしっかり受けて立つことができるように、『よくわかる角換わり』。
 一度読んだだけでは、頭に入らないので、駒を並べながら少しずつ覚えて、実戦にも投入して磨いていけたらと思います。

①定跡書
・『将棋基本戦法 居飛車編』第2章 角換わり戦法 54ぺ
              第3章 ひねり飛車・相掛かり戦法 38ペ
              第4章 横歩取り戦法 30ペ
              第5章 実戦解説編 32ペ(1周目終了)
・『羽生の頭脳(4)居飛車穴熊と左美濃』第1章 居飛車穴熊vs三間飛車 42ペ(1周目終了)
・『よくわかる角換わり』第1章 角換わりをめぐる戦い 46ペ

②次の一手

③詰将棋
07/09・『新版3手詰ハンドブック』200問(23周目終了)
   ・『新版5手詰ハンドブック』200問(8周目終了)
07/10・『新版3手詰ハンドブック』200問(24周目終了)
07/11・『新版5手詰ハンドブック』200問(9周目終了)
07/12・『新版5手詰ハンドブック』200問(10周目終了)
   ・『1・3・5手実戦型詰将棋』3手10問
07/13・『新版5手詰ハンドブック』200問(11周目終了)
   ・『1・3・5手実戦型詰将棋』1手30問

⑤棋譜並べ

⑥観戦

⑦対局と感想
・5局3勝2敗
…1局目○:先手番横歩取り。序盤で△2三歩とする変化。王手飛車をかけることができ、詰ますことができました。
…2局目●:後手番横歩取り模様から、先手▲4二銀と歩交換をしてこないという変化。こちらから歩交換し、▲8七歩と打たれて横歩を取る変化へ。難しい局面が続いたものの、馬を作って優勢だと思っていたのですが、うまく寄せることができずに、あっという間に逆転されて詰まされました。
…3局目○:対先手中飛車。居飛車穴熊で戦おうとしていたら、先手が積極的に動いてきたので、ほとんど囲えないまま戦闘開始となりました。序盤で銀得になってからは、先手の攻めを受ける展開になり、きわどい勝負になりましたが、美濃崩しの△5五角~△3六桂が入って、相手の方投了となりました。
…4局目●:ゴギゲン中飛車に超速3七銀で戦いました。久しぶりの戦型で銀対抗形の相穴熊模様となり、こちらのぎこちない駒組みをきっちり咎められて負けとなりました。
…5局目○:先手番で、角換わりの出だしから、後手が角を交換せずに棒銀という戦いに。駒組みがよく分からなかったので、こちらから角交換して、とにかく受けることにしました。なんとか凌いで、相手玉を詰ますことができました。

⑫その他

週計【通算】
・棋書読み242ペ【1646ペ】
・次の一手【250問】
・1手詰30問【9388問】
・3手詰410問【8708問】
・5手詰800問【11593問】
・必至【80問】
・棋譜並べ【183局】
・観戦【65局】
・対局5局3勝2敗【154局83勝71敗】

立ち読み

昨日、対局した戦型の変化が知りたいなと思って、書店へ。
『羽生の頭脳』を手にとって調べてみると、しっかり書かれてありました。
もっともっと定跡書を読む時間が欲しいです。

今日は、先手中飛車と対局。こちらも私のよく分からない戦型。
指せば指すほど、勉強したいことが増えていってしまいます。

急所を突いてこられる

序盤定跡を少しずつ勉強しているのですが、その合間に対局すると、ちょうど『…という手も有力』と打ち切られている変化になってしまって、勉強の成果をうまく生かせられません。
「ザ・力戦」という将棋も楽しいのですが、定跡形での勝負もやりたいなと思う今日このごろです。

7月第1週(7月1日~7日)

【今週の感想・反省】
 森下卓九段の『将棋基本戦法 居飛車編』『将棋基本戦法 振り飛車編』を図書館で借りてきました。
 5手目▲7七銀からの矢倉24手組にも旧・新があるのを初めて知りました。

①定跡書
・『将棋基本戦法 居飛車編』第1章矢倉戦法62ぺ

②次の一手

③詰将棋
07/01・『新版5手詰ハンドブック』160問
07/02・『新版5手詰ハンドブック』40問(3周目終了)
07/03・『新版5手詰ハンドブック』200問(4周目終了)
07/04・『5手詰将棋』202問(25周目終了)
   ・『新版5手詰ハンドブック』200問(5周目終了)
07/05・『新版5手詰ハンドブック』200問(6周目終了)
07/06・『5手詰将棋』202問(26周目終了)
   ・『新版5手詰ハンドブック』200問(7周目終了)

⑤棋譜並べ

⑥観戦

⑦対局と感想
・2局2勝敗
…1局目○:先手番で、横歩取り模様だったのですが、変化してきたのでこちらから角交換して陣形を乱して早繰り銀で戦いました。中・終盤でもたつきましたが、なんとか玉を寄せて、相手の方投了となりました。
…2局目○:後手番での横歩取り。△4五角戦法で上手く勝つことができました。

⑫その他

週計【通算】
・棋書読み62ペ【1646ペ】
・次の一手【250問】
・1手詰【9358問】
・3手詰【8298問】
・5手詰1404問【10793問】
・必至【80問】
・棋譜並べ【183局】
・観戦【65局】
・対局2局2勝【149局80勝69敗】

プロフィール

VanillaIce-mk2(ヴァニラ)

Author:VanillaIce-mk2(ヴァニラ)
今まで仕事が趣味でしたが、将棋に出合い、はまってしまいました。
道場初段を目標に日々勉強しております。
よろしくお願いします。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。