将棋勉強日誌

2011年6月から将棋を始めました。このブログでは勉強日誌を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所詮

 ネットは相手の見えない世界。

 私は、偽りなく私でありたいと思います。

 もがく有様をこれからも淡々と書き綴ります。
スポンサーサイト

4月第4週(4月23日~28日)

【今週の感想・反省】
 なかなか一朝一夕には強くなれないなぁと感じる今日この頃。
 5連敗をくらってしまうとかなりつらいです。
 でも、考えてみると、いつも自分の指したい戦型になんてなる訳がなく、お互い相手の弱い部分を攻めていきたいと思っているのですから、そういう時もありますよね。
 書店に行くと、また読みたい棋書が出ていましたが、しばらくは見送って、また対四間飛車の定跡を基礎から勉強していこうと思っています。

③詰将棋
04/22・『5手詰将棋』5問
04/23・『5手詰将棋』16問(2周目終了)
04/24・『5手詰将棋』20問
04/25・『5手詰将棋』13問
04/26・『5手詰将棋』36問
04/27・『5手詰将棋』40問
04/28・『5手詰将棋』50問

⑥観戦

⑦対局と感想戦
・13戦5勝8敗
…1局目●:先手三間飛車に飯島流引き角戦法。早い▲7五歩を咎めることができるかなぁと思っていましたが、あっさり▲6八角と引かれてあまりうまくいきませんでした。
…2局目●:先手ゴキゲン中飛車。何の対策もなく負け。
…3局目○:先手四間飛車に飯島流引き角戦法で戦いました。角交換から8筋突破することができ、しっかり詰ますことができました。
…4局目○:後手四間飛車に急戦棒銀で戦いました。危なげなく相手玉を詰ますことができました。
…5局目○:先手四間飛車に飯島流引き角戦法で戦いました。序盤で大きく駒損したものの、なんとか粘り逆転勝ち。
…6局目●:先手三間飛車に引き角戦法で戦おうと思っていたら、居飛車に変化。角を切って龍を作ったのですが、逆に龍香両取りに掛かってしまって、劣勢に。なんとか粘ったものの、そのまま詰まされました。
…7局目●:先手四間飛車に早仕掛け急戦。後手番で早仕掛けは厳しいですね。久しぶりに指して後悔しました。
…8局目●:先手四間飛車に急戦棒銀で戦いました。馬を作ったあとに上手く飛車がさばけず、二枚角に簡単に詰まされてしまいました。
…9局目●:矢倉の先手番。後手、5筋交換型から中飛車に変化。角を切っての攻めを受け切れず負け。
…10局目●:先手振り飛車模様だったので、飯島流引き角戦法へ。後手は向かい飛車に。角銀を交換しあって、さて寄せにいこうかという局面で、私の攻めをすべて読み切られて受けられて、指す手がなくなって投了しました。
…11局目○:先手四間飛車に飯島流引き角戦法で戦いました。こちらは龍、相手は馬を作っての勝負でしたが、角切りからの8筋突破が成功して、勝つことができました。
…12局目●:対先手向かい飛車。角銀交換の駒得の上、馬を作って優勢かと思っていたら、受け間違えて負け。
…13局目○:対後手中飛車。


週計【通算】
・棋書読み【1584ペ】
・次の一手【49問】
・1手詰【9277問】
・3手詰【8232問】
・5手詰180問【843問】
・必至【80問】
・棋譜並べ【165局】
・観戦【36局】
・対局13戦5勝8敗【96戦51勝46敗】

ずっと思っているのですが

文章最後の「w」が嫌いです。
つけりゃいいってもんでもないだろうと思ったりします。

素朴な疑問

 パソコンソフトや棋譜管理ソフトなんかに棋書にある定跡や有力な変化をどんどん入力して、24で対局する時は、それを見ながら指しているのですかね?

4月第3週(4月16日~22日)

【今週の感想・反省】
 今週は、水曜日、日曜日に道場へ。
 先生とは私が居飛車を持って、対四間飛車急戦定跡を1から教えてもらっています。
 本で読んでいる変化でも、実際に対局していると、まったく忘れてしまっていることが多いのが私。
 ですので、実際に先生と対局することで、対局の緊張感の中で局面を考える、そして感想戦でしっかり定跡を教えてもらいながら手でも覚える、そして、家に帰って本の該当部分を読み返してもう一度確認する、というパターンで勉強しております。

 やっぱり将棋は実際に駒を持って、相手と面と向かって指すのが一番ですね。
 ネット将棋の中でコミュニケートできないものかと思ってやっておりましたが、やっぱり難しいみたいです。

③詰将棋
04/16・『5手詰将棋』16問
04/17・『5手詰将棋』60問
04/18・『5手詰将棋』16問
04/19・『5手詰将棋』20問
04/20・『5手詰将棋』22問
04/22・『5手詰将棋』5問

⑥観戦
・将棋フォーカス
・第62回NHK杯1回戦第3局▲佐藤紳哉六段●-△豊島将之七段○

⑦対局と感想戦
・21戦9勝12敗
…1局目○:角換わりの後手番。序盤で桂得になったところで相手の方投了。
…2局目●:先手四間飛車に引き角戦法で戦ってみました。序盤に上手く桂得することができたのですが、その桂をタダで取り返され、王手桂取りから馬を作られてかなり形勢に差がつき、投了しました。
…3局目●:対先手中飛車。いいところなく負け。
…4局目●:相掛かりの後手番。さっぱり分からず負け。
…5局目●:対後手中飛車。まったく忘れていてやむなく投了。
…6局目○:矢倉模様の後手番。先手雁木or振り飛車に変化しようとしたため、引き角で攻めました。激しい駒の取り合いになりましたが、玉頭に持ち駒をどんどん投入し、最後は詰ますことができました。
…7局目○:先手四間飛車に飯島流引き角戦法で戦いました。上手く狙い筋に入って、飛金両取りの角が入ったところで相手の方投了。
…8局目●:矢倉模様の先手番。後手左美濃に変化しての端攻めが受からず、投了しました。
…9局目●:後手四間飛車に急戦棒銀で戦いました。馬を作って十分の形勢から、逆転されて、詰まされてしまいました。
…10局目●:後手四間飛車穴熊に斜め棒銀風に戦いました。飛車角をさばかれて、こちらが打つ前にガンガン攻められ詰まされてしまいました。
…11局目○:先手四間飛車穴熊に飯島流引き角戦法で戦いました。駒損しての猛攻をなんとかしのぎきって勝ちました。
…12局目●:後手番矢倉。5筋交換型で駒損しながらもなんとか中・終盤の寄せあいまではいけたのですが、1手負け。
…13局目●:後手番矢倉。久しぶりに急戦棒銀をやってみたら、きれいに定跡通りに進んで負けました。
…14局目●:後手四間飛車穴熊に斜め棒銀風急戦で戦いました。右辺でポイントを少し上げたくらいでは、なかなか穴熊を攻略することができないです。作戦負けなのかもしれません。この戦型も勉強し直しです。
…15局目○:先手四間飛車に飯島流引き角戦法で戦いました。序盤で受け間違えたようで、龍を作ってなんとか寄せきることができました。
…16局目○:先手四間飛車に飯島流引き角戦法で戦いました。序盤で間違えてしまった1手損がどのくらいひびくかなぁと思いながら仕掛けにでましたが、攻め合いに勝つことができました。
…17局目○:▲7六歩△8四歩▲6六歩△6二銀▲6八銀△5四歩▲5七歩の出だしの後手番。今日は矢倉気分ではないなぁと思って引き角戦法へ。あっさり飛車先の歩を交換して金をタダでもらったところで相手の方投了。
…18局目○:後手番で飯島流引き角戦法へと思っていましたが、相手が居飛車にしてきたため、角道を通して矢倉へ変化。早繰り銀から7筋に殺到して勝つことができました。
…19局目○:後手一手損角換わりの先手番。腰掛け銀で駒組みしていったものの、組み終わってからどうやって指したらいいのかよく分からないまま攻めにいきました。たぶん無理攻めだったような気がするのですが、なんとか攻めをつないで、相手玉を詰ますことができました。
…20局目●:先手三間飛車に飯島流引き角戦法で戦いました。序盤、銀桂交換からまずまずの戦いができたと思っていたのですが、うっかりボロっと銀をタダで取られてしまい、その後はいいところなく負け。
…21局目●:矢倉の先手番。序盤、互角以上に戦えていたのですが、後手のごまかし手にまんまとはまって、負け。「この局面は、攻めか受けか?」というバランス感覚は、やっぱりもっと実戦を積み重ねていかないと、と感想戦で指導いただきました。

⑫その他
・『先を読む頭脳』読了

週計【通算】
・棋書読み【1584ペ】
・次の一手【49問】
・1手詰【9277問】
・3手詰【8232問】
・5手詰139問【663問】
・必至【80問】
・棋譜並べ【165局】
・観戦1局【36局】
・対局21戦9勝12敗【84戦46勝38敗】

4月第2週(4月9日~15日)

【今週の感想・反省】
 今週は大人も参加可能な将棋大会の低級クラスに出場してきました。
 結果は、予選リーグ1勝3敗で、予選敗退となりました。
 一緒に参加した友人は、同じ低級クラスの別組で、4勝2敗で決勝トーナメント出場を決めましたが、娘さんがぐずりだしたので棄権として、遅い昼食を食べて帰りました。
 友人も私も大会に出場するのは初めてだったので、ガチガチに緊張しました。
 でも、道場で顔見知りになっていた子どもたちと話したり、保護者の方とも楽しく過ごすことができたので良かったなぁと思います。
 残念な結果となりましたが、十分に満喫することができました。
 最近勉強してなかった対ノーマル三間飛車、ほとんど分からない対先手中飛車の対策を少しずつしていきたいです。

③詰将棋
04/15・『新版3手詰ハンドブック』200問(23周目終了)

⑦対局と感想戦
・14戦9勝5敗
…1局目○:後手の向かい飛車に斜め棒銀で戦いました。あっさり馬を作ることができ、相手を詰ますことができました。
…2局目○:先手の四間飛車に右四間で戦いました。あまり上手くいったとはいえず、一発逆転で勝ちとなりました。
…3局目○:後手から飛車銀取りを狙う奇襲戦法。咎める手があったのですが、指した後に気付き、混沌とした状態に。相手のミスで勝ちとなりました。
…4局目○:後手一手損角換わりの先手番。矢倉にまで組んでの腰掛け銀。開戦して、馬を作られる筋が発生したため、終わったなと思いましたが、相手の方、私が考えていなかった応手が怖かったということで、危機を脱出し、上手く歩で拠点をつくった後は、しっかり詰ませることができました。
…5局目●:角換わりの後手番。龍を作って優勢になり、寄せに入っていくところで、詰みを読んでいたらうっかり時間切れとなってしまいました。こちらの玉はまだまだ大丈夫だったので、安全に逃げておけば良かったです。
…6局目○:先手四間飛車に飯島流引き角戦法。駒得となって優勢勝ち。
…7局目●:後手角道を止めない四間飛車穴熊に居飛車急戦のような形で戦いました。序盤、向かい飛車に振り直されて飛車先の歩を突かれてしまい、なんとか局面を打開しようと重い形になるけれど銀を打ち込み、強引に飛車交換を行って、なんとか攻めをつないでいきました。しかし、龍成り銀両取りの角を打ち込まれた局面で、「龍を逃げていたら負ける」と思って龍を切って寄せにいきましたが、受け切られてしまって、負けました。このとき、龍を逃げておけば、まだまだ難しかったということでした。攻めと寄せのバランスがまだまだだなぁという将棋でした。
…8局目○:横歩取りの先手番。飛車金両取りを狙ったのですが、安易すぎて、逆に王手飛車取りをかけられて、形勢悪化。それでもめげずに攻めをつないだ結果、なんとか相手玉を詰ますことができました。
…9局目○:先手番矢倉。序盤に銀、角を成られて早々に難しくなり、駒損しないようにずっと受けにまわる難しい将棋になりました。相手の緩手のスキにこちらも龍を作って反撃にまわり、なんとか相手玉を詰ますことができました。
…10局目○:対後手角交換四間飛車に急戦で戦いました。最近は序盤の勉強ができていないので、すぐに悪くなってしまいます。今対局もなんとか紛らわす手で引き延ばして、時間切れ勝ちとなりました。
…11局目○:先手番矢倉。先に玉を囲い合ってのお互い棒銀という戦いになりました。先に端に手をつけられてしまったのですが、攻め間違えたようで、こちらからの反撃が決まって、勝ちとなりました。
…12局目●:先手中飛車に、銀冠で戦いましたが、圧倒的に攻められていいところなく負け。
…13局目●:矢倉模様の後手番で、右四間飛車で戦いました。序盤からどんどん駒をさばいていったのが良くなかったようで、王手も追う手となって、負けてしまいました。
…14局目●:後手三間飛車に居飛車穴熊で戦いました。序盤に簡単に飛車を素抜かれてしまってからは、相手の寄せをただ待つばかりとなってしまって、最後は指す手がなくなり、投了となりました。

週計【通算】
・棋書読み【1584ペ】
・次の一手【49問】
・1手詰【9277問】
・3手詰200問【8232問】
・5手詰【524問】
・必至【80問】
・棋譜並べ【165局】
・観戦【35局】
・対局14戦9勝5敗【63戦37勝26敗】

4月第1週(4月2日~8日)

【今週の感想・反省】
 仕事の方を本格的に始めることになり、今までのようには将棋に没頭することができなくなってしまいそうです。
 なんとかブログも続けていきたいとは思いますが、更新が滞るかもしれません。
 エイプリルフールの記事が、本当にならないように気をつけたいです。

③詰将棋
04/02・『将棋1手詰入門ドリル』280問(25周目終了)
   ・『1手詰ハンドブック』300問(4周目終了)
   ・『5手詰将棋』12問
04/03・『将棋3手詰入門ドリル』276問(1手詰70問、3手詰206問)(22周目終了)
   ・『新版3手詰ハンドブック』200問(22周目終了)
   ・『5手詰将棋』14問
04/05・『将棋1手詰入門ドリル』280問(26周目終了)
   ・『5手詰将棋』11問

④必至
04/03・『寄せが見える本【基礎編】』2問

⑥観戦

⑦対局と感想戦
・16戦5勝11敗
…1局目●:後手四間穴熊に斜め棒銀風の急戦で戦いました。序盤から中盤までうまく攻めることができていたものの、居飛車のこちら側から飛車交換を挑んでしまってから一気に悪くなり、詰まされてしまいました。
…2局目○:先手四間飛車に飯島流引き角戦法で戦いました。序盤にうまくさばかれてしまいましたが、龍飛車両取りで、よくわからない形勢に。以降、形勢はいったり来たりで、最後は相手の方が、詰みと勘違いして投了。
…3局目●:先手番横歩取り模様で、後手△4四角戦法でした。序盤からまったく分からず、簡単に詰まされました。感想戦にて、横歩取りの序盤について、丁寧に教えてもらうことができました。
…4局目●:先手番矢倉。駒組み段階で角銀交換から飛車を攻める順があるのではと思ってやってみましたが、あさり受けられて、以降はその駒損から悪くなって詰まされました。▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲4八銀△4二銀からの▲4六歩として右四間への変化を見せるというところを教えてもらうことができました。
…5局目●:後手番矢倉で急戦棒銀で戦うも、しっかり受けられて投了しました。
…6局目○:後手四間飛車に急戦棒銀で戦いました。中盤でお互い緩手、悪手があったようでシーソー状態の形勢でしたが、最後は1手勝ちとなりました。
…7局目○:後手一手損角換わりの先手番で、定跡が分からないものの、なんとかだましだまし相手玉を詰ますことができました。
…8局目●:後手四間飛車に急戦棒銀で戦いました。中盤で駒得から優位に立てたと思ったのですが、しっかり詰まされてしまいました。
…9局目○:後手一手損角換わりの先手番。序盤にあっさり銀損してしまったものの、力技で馬を作って駒損を回復。王手飛車をかけ、こちらが優勢になったところで相手の方投了。
…10局目○:角換わりの後手番。先手の駒損しての無理攻めをなんとか受け、スキを見て詰ますことができました。
…11局目●:先手番矢倉に後手左美濃戦法。継ぎ歩と垂れ歩で玉頭を狙ってみたものの、上手く角を打たれて最後は王手放置して負けました。
…12局目●:先手四間飛車に、後手番で△6五歩早仕掛けをやってみました。なんの抵抗もできず、あっさり詰まされてしまいました。
…13局目●:先手番矢倉。うっかりで駒を取られ、散々な目にあって投了しました。
…14局目●:先手番矢倉。序盤は互角だったのですが、無理に攻め込んでしまって、後手優勢となったところで投了しました。
…15局目●:先手のあまり見たことがないような中飛車に、左美濃で戦いました。中盤まで難しい将棋でしたが、駒を間違えたところに打ってしまい、どうしようもなく投了しました。
…16局目●:後手四間飛車に急戦棒銀で戦いました。上手く駒得して中盤へ向かおうというところで、うっかり飛車の利いているところに角を成って終了しました。


⑨手筋
04/02・『佐藤康光の寄せの急所囲いの急所』23ペ(2周目終了)

週計【通算】
・棋書読み23ペ【1584ペ】
・次の一手問【49問】
・1手詰930問【9277問】
・3手詰406問【8032問】
・5手詰37問【524問】
・必至2問【80問】
・棋譜並べ局【165局】
・観戦局【35局】
・対局16戦5勝11敗【49戦28勝21敗】

3月第5週(3月26日~4月1日)

【今週の感想・反省】
 とりあえず、前回の記事では4月1日にのっかりました。
 皆さんお気づきだと思いますが、念のため。

 いつまで続けられるかなと思いながら始めた「フラッシュ詰将棋」、日によっては全ての本を読み終えることができなかったりしていますが、ほぼ予定通りのペースで毎日コツコツやっています。
 30日の金曜日には、『1手詰ハンドブック』という新しいお友だちが増え、基本セットは4冊。
 その4冊だけで1日を終えてしまうこともあります。
 覚えたいことがたくさんありますが、私には私のペースがあるようで、焦っても良くないことは今までの経験からよく分かっています。
 だからそんなときは、「今日は詰将棋を楽しめたからいいか。明日はプラスして他の勉強もできたらいいな」くらいに将棋と関わっていけたらいいなと思います。

 この「フラッシュ詰将棋」、長考派タイプの方が早指しにシフトしていくための方法としても効果があるみたいです。
 そう考えると、確かに時間切れになってしまうことが多かったときよりも早く指せるようになっているかもしれません。

 話はそれますが。

 友人が飛車を三間に振るようになったので、新しい三間飛車対策を少しずつ始めました。
 なかなか練習将棋ができないのが残念。何度か試してみたいなと思うのですが。

 ある将棋大会に参加申し込みをしました。
 友人も参加できるかもしれないとのことなので、一緒に出られればうれしいです。
 将棋を始めて、初めての大会(リアル対局として)ですので、とても楽しみです。

 最後に。

 時々ブログをのぞいてくださっている皆様、大したことは書けませんが、コツコツ継続して続けていこうと思っておりますので、今後もよろしくお願いします。
 「才能とは続けられること」とは羽生善治二冠。
 皆さんと交流をしながら、淡々と続けていければいいなと思っています。

 いいそびれてしまうことがあるかもしれませんので。
 皆さん、いつも本当にありがとうございます。

①定跡書
・『新・飯島流引き角戦法』第4章54ページ(2周目終了)

②次の一手
・『将棋・ひと目の手筋』10問

③詰将棋
03/26・『将棋1手詰入門ドリル』280問(19周目終了)
   ・『将棋3手詰入門ドリル』276問(1手詰70問、3手詰206問)(16周目終了)
   ・『新版3手詰ハンドブック』200問(16周目終了)
   ・『5手詰将棋』25問
03/27・『将棋1手詰入門ドリル』280問(20周目終了)
   ・『将棋3手詰入門ドリル』276問(1手詰70問、3手詰206問)(17周目終了)
   ・『新版3手詰ハンドブック』200問(17周目終了)
   ・『5手詰将棋』33問
03/28・『将棋1手詰入門ドリル』280問(21周目終了)
   ・『将棋3手詰入門ドリル』276問(1手詰70問、3手詰206問)(18周目終了)
   ・『新版3手詰ハンドブック』200問(18周目終了)
   ・『5手詰将棋』26問
03/29・『将棋1手詰入門ドリル』280問(22周目終了)
   ・『将棋3手詰入門ドリル』276問(1手詰70問、3手詰206問)(19周目終了)
   ・『新版3手詰ハンドブック』200問(19周目終了)
   ・『5手詰将棋』8問
03/30・『新版3手詰ハンドブック』100問
   ・『5手詰将棋』28問
   ・『1手詰ハンドブック』300問(1周目終了)
03/31・『将棋1手詰入門ドリル』280問(23周目終了)
   ・『1手詰ハンドブック』300問(2周目終了)
   ・『将棋3手詰入門ドリル』276問(1手詰70問、3手詰206問)(20周目終了)
   ・『新版3手詰ハンドブック』100問(20周目終了)
   ・『5手詰将棋』15問
04/01・『将棋1手詰入門ドリル』280問(24周目終了)
   ・『1手詰ハンドブック』300問(3周目終了)
   ・『将棋3手詰入門ドリル』276問(1手詰70問、3手詰206問)(21周目終了)
   ・『新版3手詰ハンドブック』100問(21周目終了)
   ・『5手詰将棋』7問

⑥観戦
・第23期女流王位戦挑戦者決定戦▲里見香奈女流三冠○-△清水市代女流六段●
・第61回NHK杯決勝第▲羽生善治棋聖・王位○-△渡辺明竜王・王座●
・第62回NHK杯出場女流棋士決定戦▲甲斐智美女流王位○-△上田初美女王●

⑦対局と感想戦
・7戦5勝2敗
…1局目●:横歩取りの出だしの後手番。先手、角頭を金で受けずに飛車先を突く戦法で、久しぶりにこの戦い方になったので、まったく反撃ができず。簡単に龍を作らせて、指す手がなくなってしまったため投了しました。こちらも復習が必要です。
…2局目●:先手四間飛車に斜め棒銀風に戦いました。玉頭攻めに合い、そのまま押し切れられて詰まされてしまいました。
…3局目○:対後手一手損角換わり。棒銀で攻めるも、簡単に銀を成らしてしまって、劣勢に。なんとか飛車銀両取りとかけて逆転を狙う展開になりました。終盤、相手の方が受け間違ったようで、詰みが発生して上手く詰ますことができました。
…4局目○:矢倉模様の先手番で、後手は左美濃でした。上手く中央を突破して龍を作ることができ、相手の方投了となりました。
…5局目○:対後手四間飛車に急戦棒銀で戦いました。終盤の寄せあいで後手の方、寄せ間違ったようで、投了となりました。
…6局目○:後手四間飛車に▲4五歩早仕掛け急戦で戦いました。お互い細かなやり取りの続く中盤で、秒読みまで時間を使ってしまいましたが、なんとか読み勝ち、詰ますことができました。
…7局目○:後手の変則中飛車に左美濃風に囲って戦いました。序盤、飛車先を突き捨てる順を間違えて、抑え込まれてしまう展開になってしまいましたが、無理やり角を打ち込んで2筋をこじ開けて、相手玉を詰ますことができました。ただ、この攻めは冷静に受けられると駒損がひどくなってしまっていました。

⑨手筋
03/26・『佐藤康光の寄せの急所囲いの急所』13ペ
03/27・『佐藤康光の寄せの急所囲いの急所』13ペ
03/28・『佐藤康光の寄せの急所囲いの急所』13ペ
03/29・『佐藤康光の寄せの急所囲いの急所』15ペ
03/31・『佐藤康光の寄せの急所囲いの急所』13ペ

⑫その他
3/26・『ひらけ駒!』⑤読了

週計【通算】
・棋書読み121ペ【1561ペ】
・次の一手10問【49問】
・1手詰3000問【8347問】
・3手詰2336問【7626問】
・5手詰142問【487問】
・必至問【78問】
・棋譜並べ局【165局】
・観戦3局【35局】
・対局7戦5勝2敗【33戦23勝10敗】

皆様へ

長らくこのブログに訪れてくださり、ありがとうございました。
本日4月1日をもって、将棋から離れることにいたしました。
ブログも閉鎖することにいたします。

それでは。

プロフィール

VanillaIce-mk2(ヴァニラ)

Author:VanillaIce-mk2(ヴァニラ)
今まで仕事が趣味でしたが、将棋に出合い、はまってしまいました。
道場初段を目標に日々勉強しております。
よろしくお願いします。

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。